2007年03月31日

週刊少年ジャンプ18号感想

アイコン ある.JPGこんにちは、みんなのプリンセスブライドあるです。
今週はしっかりテニプリが載ってました。
流石は許斐先生、どっかの冨樫先生とは一線を画します

アイコン アポ.JPGハンターは再開するのかね?


・テニプリ
圧倒的点差で勝利を収めたオカッパとプリッ。
どうやら1回戦2回戦の敗北は、赤也を覚醒させるためだそうです。
赤也一人の実力が劣っているなら別にわざと負ける必要性は無いように思えますが。
「自分一人がいらない子」ってシチュエーションの方が覚醒しやすそうだけど。
というか、覚醒とか何を言っているんだこの人たちは。
毎度プリッの詐欺は微妙です。入れ替わりとかも、アレ意味無いよね。
やられても「え?あ、うん・・・・それで・・・・?」って感じ。リアクションに困ります。
そんな感じで外人チームは大したことない様子。
変態あふれるテニス界でここまで来たのだから、単に立海大付属が強すぎるだけっぽいですが。
そんなこんなで場面は切り替わり、リョーマvs金太郎戦。
上空から見たコートの図で、なんか金太郎が火の輪くぐりをしています。流石は野生児。
ラリーが延々と続きますが、遂にリョーマに無我の境地の副作用である
著しい体力消耗が始まってしまいます。
どうやらここらへんがリョーマと手塚部長、千歳の間に存在する壁のようです。
その僅かな隙を突いて、金太郎の必殺技と思われる
「超ウルトタグレートデリシャス大車輪山嵐」が炸裂。
技のネーミングからも分かるように、相当頭の弱い子です。
「あれはワシの108式波動球より危険だァー」と叫ぶ銀さん。
ええええ、それってかなりヤバくね?そしてそれをモロに食らうリョーマ。
あのタフなタカさんですら観客席にふっとばし、全身に骨折を負わせた真・波動球。
しかも108式よりも危険なそれをリョーマが食らったら・・・・・・。
一体どうなってしまうんだ、リョーマ!!ってところで次週へ。

・ラルグラド
正体はカゲだった巨乳。貧乳の美女と美乳の不細工を合わせることで巨乳の美女ができるらしいです。
どんな化学変化だよ。

・ブリーチ
惨めにのたうつアーロニーロさん。ブラックキャットの星の使途もそうだけど、
カッコイイ敵の組織を描くのって難しいんですよね。
幻影旅団は偉大だ。
そしてアーロニーロさんの死を、あまり深く考えないエスパーダの皆さん。
まぁ結局エスパーダの皆さんは藍染様の圧倒的戦力に従っているだけですので、
あんま仲間意識とかは無いのかもしれませんね。
エスパーダのデブも、せっかく腕をくっつけてくれた女の子殺してたし。
そしてアーロニーロさんと朽木さんが同士討ちになったことを知る恋次。
ほーら、言わんこっちゃない。だから戦力分散なんてしなきゃ良かったのに。
そこで恋次ブチ切れ。今まで卍解を使えなかったがため手も足も出なかったメガネに一発食らわせます。
そして一護は変態調教マニアのウルキオラさんと対峙。
ウルキオラさんはエスパーダの中でも特に強そうな人なので、
お馬鹿な暴風男爵やアーロニーロさんとは一味違うところを見せてほしい所です。

・エムゼロ
しょっぱなからケツ。いいなぁ、エロイなぁ。
そして個人的に結構好きな柊さんのお友達は変態女王様と対峙。
ムチで縛られたところで終了です。来週はどんなエロイことしてくれるんだろう。

・ToLOVEる
春菜ちゃんのお誕生日パーティに招待されたリト君。
好きな女の子の自宅に入るのってドキドキしそうですよね。
僕は三次元の女の子に興味無いから分かんないけど。
で、なんで春菜ちゃんは制服なん!?
せっかく自宅なんだから、私服のいつもとはちょっと違う君を見せてよ!!
制服も好きだからいいけどね。
で、一同は定番のエロ遊戯、ツイスターゲームに興じます。
一回戦はリト君、ララ、春菜ちゃん。巨と貧、羨ましい取り合わせです。
顔に太もも押し当てられたり、腕にオッパイが当たっているというのに
体制のキツさからちっともそれに集中できないリト君。相変わらず不運なヤツだ。
そして春菜ちゃんは春菜ちゃんで、リト君がオッパイを押し当てているのに気付いているかどうか気になるご様子。
決して小さいから気付かないんじゃないよ、元気出して。
辛過ぎる体制に喘ぐリト君は、春菜ちゃんの眼鏡じゃない方のお友達にさっさとルーレットを回すように指示。
眼鏡じゃない方のお友達は「いい表情ね」とか「お願いしますって言ってごらん」とか天性のSなご様子。
「お願いしますって言ってごらん」で、眼鏡じゃない方のお友達の株が急上昇。
「出てこーい!!」にしてもそうだけど、ホント変態だなぁ、この人は。
で、リト君の「お願いします」に満足して、ルーレットを回すノン眼鏡フレンド。
リト君が強引に腕を動かしたため、春菜ちゃんのオッパイが刺激されてしまいます。
何ツイスターゲームで感じてるんだ、この娘は。
そして必死なリト君は赤のエリアに手を突こうとして、誤ってララの尻尾を掴んでしまいます。
デビルーク星人は尻尾が性感帯のようで、エロイ声をあげるララ。
「擦らないで」ってアンタ。プレイのとき楽しそうだな。
で、リト君のポカでララが宇宙人であることが皆にバレてしまいます。
「やっぱなー」って反応の一同と、「宇宙人とお友達なんて素敵!!」と春菜ちゃん。
こいつらちょっとおかしい。

・ワンピース
一瞬で切りつけられるチョッパー、ウソップ、ナミ。
どいつも戦闘要員じゃないんだから、戦闘要員が誰か一人ぐらい付いてってあげれば良かったのに。
そしてこいつらは日本刀で切りつけられたのにも関わらず、
来週も元気なんだろうなぁ。

・ネウロ
天文学的な運で毒饅頭による毒死を免れた弥子さん。
ネウロ×弥子さんのSMプレイが毎週楽しみです。
そして情報屋と取引を交わす吾大さん。笹塚さんはとっても恐い人のようです。
さて、今回の事件の犯人がわかった様子。
来週はどんな変態犯人が出てくるのか楽しみです。

・ジャガー
まさかの週刊タオル第二弾。
第一弾とはまた別のメンツによる今回の週刊タオルですが、
正直あんまり変わんないなぁ。

ニックネーム ある at 20:16| Comment(4) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

質問BOX

アイコン ある.JPGこんにちは、みんなの賭博堕天録あるです

アイコン アポ.JPGみんなの賭博黙示録アポです

アイコン ある.JPGネタもないし、今回はみんなのありとあらゆる質問に答えちゃうZO☆
僕やアポに質問のある人は、コメント欄にドシドシ書き込んでね☆ミ

アイコン アポ.JPGこれで書き込みなかったら泣けるなぁ
ニックネーム ある at 15:53| Comment(2) | TrackBack(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

今日の和了り

アイコン ある.JPGこんにちは、みんなの天和通りの快男児あるです。
今日は半熟荘で和了った役を紹介しましょう


国士無双

役満32000点


東風戦東三局 順位3 点数状況17000点
東一局で先制聴牌リーチ→追っかけリーチされる→一発で振り込むという可愛そうな俺。
まだだ、東四局は俺の親っ・・・・・・この東3局でサクッと和了り、東四局で爆発っ・・・・・・!!

そして配牌 @DD19一四九東南南西北發

ナンテ/(^o^)\コッタイ
配牌からすでに十種十一牌。糞のような配牌。
流局してしまうこともできたが、男らしく国士を狙う。
その後白、Hと引いていったはいいものの、中がこねぇ!!
しかもすでにあるヤオチューくるし!!
まぁ多少なりとも迷彩になってくれたような気がしないでもないからいいけども。

そして聴牌 @H19一九東南南西北白發
2枚切れ中待ち。

聴牌後、9p、1s、9mと引いていき、全部落とす。
初期配牌に2枚あった南がいじらしくて可愛かったので、あえて南を雀頭に。
そして中を引けずに迎えた14巡目。
誰かがダマで和了るんじゃないか、このまま流れてしまうんじゃないかという恐怖と戦う俺。

すると下家ツモり、数秒固まる。
面前ツモっすか?^^;;;;;;;;;;
そしたら中を捨てやがった!!腐れチンポが、それじゃ!!!!!!

「ククク・・・・下家さん・・・・まるで白痴だな・・・・・・」

通らずっ・・・・・・・・!!

下家がハコって1位で終了\(^o^)/この節穴アイが。


アイコン ある.JPGゲラゲラゲラ、ぶぁ〜か!!役満和了ったったわ!!うひゃひゃひゃひゃひゃ!!

アイコン アポ.JPGまぁ国士なんて、そうそうできる役じゃないし、2枚切れの中なんか捨てたくもなるよ

アイコン ある.JPGヤオチュー三枚切ってたしな


ニックネーム ある at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男女差別について

自慰。読んで字のごとく「自分を慰める」行為であり、
思春期を境に、男女問わず誰でも一度は行うであろう、
少し大人な自分へステップアップする儀式的な行為。

自慰は奥が深い。まず名前が多い。
自慰、オナニー、マスターベーション、一人エッチ、マスかき。
変則系も含めたなら、その数は計りしれない。
そして種類も豊富だ。
男なら床にペニスを擦りつけるオネイニーに、
成人冊子にペニスを挟みしごきあげるブックオナニー。
女性ならローターやバイブを用いることもあるし、
またベーシックな指自慰にもクリトリス刺激タイプと膣刺激タイプの二つが存在する。
このことから、自慰という行為は極めて奥深く、
また文化的行為であることが分かっていただけたと思う。

しかしながら、男性の自慰と女性の自慰では、大衆の扱いは大きく異なる。
こんなエピソードがある。
あるところに男がいた。
彼はイケメンでクラスの人気も高く、人辺りも良いことから、
女性から憧憬の眼差しを受けて止まない罪な男だ。
彼はある日、自分以外誰もいない自宅にいた。
このような開放的な空間で健康な男子がすることと言えば、一つしかない。
自慰である。彼は容量にして8GBを超えるエロ画像フォルダを開くと、
お気に入りのオナホール
(男性が自慰の際使用する、女性器を模したシリコン製の筒。貫通式と非貫通式があり、彼はこの時非貫通を使用した。余談だがこれは彼が独自に改造したもので、ヒダのような細かいネジ山と、細部に設けられたローション溜まりのコラボレーションが生んだ革命的なオナホールだ。ローション溜まりと非貫通式という形状のためいつまでも潤いが保たれ、ネジ山がペニスにミミズ千匹さながらの快感を与えるという、通常の男性ならば僅かなストロークで瞬く間にオーガズムに達せざるを得ないであろうことこと受けあいの代物である)
を自室から持ち出すと、男らしくズボンとボクサーパンツを脱ぎ捨て下半身裸になり、自慰に及んだ。

器用に左手でマウスを操り、
膨大、という言葉が陳腐に聞こえるほどの数を誇る画像を前にあられもなく腰を振り、

「もうらめぇぇ、飛んじゃう、ある飛んじゃうのぉぉ!!」

と口にしたとき、ドアが勢い良く開け放たれた。

姉だ。
本来この時刻家にいないはずの姉──後に聞いた話だが、本来入っていたはずのバイトのシフトが店側の不都合により埋まっていたため、仕方なく帰宅したらしい──がそこには立っていた。
姉は彼にキモイだの独り身だのオタクだの色男だのイケメンだの言いたい放題罵声をぶつけ、
親への口止め料として、彼の財布から総額にして三千円を強奪した。

私はこの事実に、遺憾の意を示さざるを得ない。
もしも彼がサラサラの黒髪とガラス玉のような大きな瞳、
陶器のような白い肌に抱き締めただけで壊れてしまいそうな華奢な体つきの美少女だったなら、
姉は間違いなく彼──もっともこの場合は彼女だが──を押し倒し、
マリア様がみているにも関わらず口にするのもはばかられるような行為に及んでいたことは想像に難くない。
そして、逆に彼が姉の自慰現場に遭遇したなら、
姉は変態的行為をしていたのは自分なのにも関わらず彼を変態扱いし、
いわゆる逆ギレしたであろうことは万に一つも疑いない。

これは一体どういうことか。
男女平等といいながら、何故このような悲しい差別が起こってしまうのか。
やっているのは同じ自慰行為でも、男性のそれと女性のそれとでは扱いが異なるなど、許されることではない。

確かに私が以前コンビニエンスストアーの雑誌コーナーで、
小学生男子が大胆にも成人冊子を読み耽りながらポケットに右手を入れ、
その右手でいきりたったペニスをしごいている現場に遭遇したときは心中
「あっぱれ日本男児」
と呟くだけにとどまった。
もしもそれが小学生女子ならば
「こんな所でこんなエッチなことをするなんていけない子だ……ちょっとお兄さんについてきなさい」
と声をかけたであろうことは火を見るより明らかだ。
しかしこれはあくまで私がノーマル、つまり男性
(少なくとも女の子のように可愛い男の子でない場合に限る)
を性的な対象として捕えていないだけのことであって、男女差別では断じてない。

結論から言って、女性は男女平等と言いながら実のところ、男性を差別しているのだ。
かつて女性開放運動のシンボルであったブルマが全国の学校から次々と姿を消し絶滅の危機に瀕している中、
こういった差別が公然と行われている事実に私に、私は残念と言わざるを得ない。
ニックネーム ある at 14:02| Comment(4) | TrackBack(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

私のイメージについて

3/28に全国に送信された、ディメンション・ゼロメールマガジン。
心フレーバーテキスト優秀賞の欄に見つけた一文に、私は度肝を抜かれた。


>銃声、地響き、断末魔。戦場は音に溢れている。
>HN:ある
>→シンプルに「音」をテーマにフレーバーテキストらしく綺麗にまとめられた作品。
>上品さと下品さが完全同棲しているあるさんの上品側の作品が採用です。

>上品さと下品さが完全同棲しているあるさんの

>上 品 さ と 下 品 さ が 完 全 同 棲 し て い る



ええええええええええええええええ!?
下品!?私が上品極まりないのは既に万に一つも疑いようの無い事実、
火を見るより明らかというものですが、下品さが同棲しているとは一体どういうことなのか。
皆さんも知っての通り、私は正義感溢れる真面目な好青年。
非常に上品な、紳士と言って差し支えないでしょう。
確かに女性に目が無いのは否定しませんが、それは同時に女性に優しいと言う事であり、
私のフェミニスト精神の表れであると断言します。
もちろん顔も上品極まる甘いマスクであるし、下品と言われるような要素は全く見当たりません。

かくしてメルマガ中の人の意図は闇に包まれたまま。
ひょっとして、他の人と勘違いしてたんじゃねーの?
ニックネーム ある at 23:07| Comment(0) | TrackBack(3) | D-0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

今日の和了り

アイコン ある.JPGいやっほう、役満和了ったぜ!!

アイコン アポ.JPGほほう、それは珍しいこともあるもんだね

アイコン ある.JPGただの役満じゃあねぇぜ!!四倍役満だ!!



@@@@@@@@@@@@@@

天和、四暗刻単騎、清老頭

四倍役満385800点


なんと夢の天和。しかも四暗刻と清老頭までついてきやがった!!
天和は国士無双、四暗刻のような待ちによって高くなる役満が複合した場合
天和に敬意を表すとのことで高い方で数えるらしく、めでたく4倍役満。


アイコン アポ.JPGちょっと待て、全部イーピンじゃん!!一体どこで打った!?

アイコン ある.JPGいただきじゃんがりあんR
ニックネーム ある at 03:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

今日の和了り

アイコン ある.JPGこんにちは、みんなの犯罪者予備軍あるです。
この語り出し考えんのも大変になってきたぜ。もういいッスかね・・・・?

アイコン アポ.JPGせっかく続けてきたのに、もったいないって。なんとか捻り出しなよ

アイコン ある.JPG簡単に言ってくれるぜ・・・・きっとそのうち二番煎じとか出てくるぞ。
あ、この前知り合いが某CKをKCって言ってました。それじゃ海馬コーポレーションだろ

アイコン アポ.JPGさっそく二番煎じか!?それ一番最初の記事だよね、懐かしいな!?

アイコン ある.JPGAlbidumDiary作って、かれこれもう半年だもんなぁ。よくもったもんだ

アイコン アポ.JPG最初は一日に20人来ればいいとこだったけど、
今は普通に3ケタ行ってるし、よく成長したよ。
ブックマークからばっかで、新規のお客さんが少ないのが気になるけど

アイコン ある.JPGこんなブログサイト好き好んでお気に入りに入れるなんて、酔狂な人が多いな

アイコン アポ.JPG自分でそれを言うなよ。
さて、毎日更新が信条(守れてない)のあるが、最近ネタに詰まってきたそうです

アイコン ある.JPGそうなんよ。そう都合よく、ネタにできるような出来事が転がってるかっつーの。
ブログのネタを探すためにリアルを徘徊するという、本末転倒なことになってきてるしな。
そこで閃いたわけ

アイコン アポ.JPG言うてみい

アイコン ある.JPGその日麻雀で和了った、イカス役を報告すんのよ!!

アイコン アポ.JPGうわぁ、D-0サイトからどんどん遠ざかっていく・・・・

アイコン ある.JPGというわけで「今日の和了り」、はっじまるよ〜!!


立直、一気通貫、一発、門前清模和、ドラ

跳満貫、18000点


東風戦、東四局オーラス。リーチピンフ3900点、白中ドラドラ7700点を和了って点棒は36600点。上家は跳ね漫和了って37000点。
ここ一番のところでラス親というのが泣けます。
1位に先制聴牌されたり、空気の読まない3位に和了られたりしては大変です。
神よ、GOODな配牌頼むぜ!!(神、ゴッドとグッドをかけてる)

で、これが配牌

@ABDFHH119九白發北

(H→ピンズ 9→ソーズ 九→マンズ Dは赤ドラでドラは東)


死 ね


辛うじてピンズが一面子揃ってるものの、他はクズ牌のオンパレード。
何気に8種10牌ありますが、国士狙ってる時間はありません。
さっそく上家が逃げきろうと中をポン。ハイ、国士終わったー。
しょっぱなから白2枚、發1枚河に落ちてるため、役牌で鳴くのも難しく、とりあえず字牌を処理していきます。
6巡目、
@ABCDEFGH1179
イッツウ8待ち聴牌。
こっちはピンフのみ1000点和了れれば十分なのに、なに微妙にレア度高い役できてんですか。
しかも8は上家がポンして3枚使っています。死なすぞ。
すると次のターン9をドロー。
カンチャン地獄待ちより100倍マシなのと、リーチかけた方が出易そうだったので
7を切り飛ばしリーチ。19シャボ待ちです。
するとなんか一発ツモ、18000点です。しかも対面ハコ。
神様、死ねなんて言ってゴメンナサイ。


アイコン ある.JPGイッツウは難易度もそこそこで見た目も綺麗なのに門前で2飜しかない上、
19と端の牌を使うため、待ちが悪くなりがちです。確定しない限りは普通にピンフで和了りましょう

アイコン アポ.JPGせめて門前でもう1飜欲しいよね
ニックネーム ある at 21:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いとしき歳月第2話「ホワイトヒート、心の向こうに」(4)

これはまだ白の大陸が平和だった頃の、
少女達のありふれたお話・・・・・・・・。





いとしき歳月






いとしき歳月5(4)1.jpg

いとしき歳月5(4)2.jpg























ついでに筆ペンで描いた落書きを。筆ペン超楽しい。

筆ホワヒ.jpg
ニックネーム ある at 13:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

週刊少年ジャンプ17号感想

アイコン ある.JPGこんにちは、みんなの腐男子あるです。
百合が嫌いな男なんていませんッ!!!!

アイコン アポ.JPG大野、これは“嘘をついている味だぜ”。
だって私、別にホモ好きじゃないし

アイコン ある.JPGえー、俺はちょっとそっちの気あるけどなぁ。
ブリジットとか準にゃんとか、普通に抱けるよ?俺は

アイコン アポ.JPGあいつらはビジュアルがもう女じゃんよ

アイコン ある.JPGバーロー、なのにロンギヌスぶら下げてるってところがいいんだろ。
女とはもちろんふたなりとも違うあの魅力。口で奉仕してあげたいわ

アイコン アポ.JPG拝啓、マザーパレス様。あるがアホの子になりました・・・・

アイコン ある.JPG準にゃんは男の子だからいいんだよ、だって俺はぴねす!2で準にゃんの女体化Hシーンだけ画像とってないし、美少年画像用のおちんちんランドフォルダの容量なんてもうすぐ画像数500を越え

アイコン アポ.JPGもうええわ!!・・・・ったく、あるにわぁいな属性があるとは知らなんだな・・・・。
何故そんな性癖を身につけたのやら

アイコン ある.JPGだって男の子なら皆胸ペッタンコじゃん

アイコン アポ.JPGああ、お前はそういう奴だったな。聞いた私がアンポンタンでした。
さて、そのタートルヘッドフォルダ含むエロ画像フォルダの隠し場所教えなさい、怒らないから

アイコン ある.JPGダメー、あれ消しちゃダメー!!ようやく8GBまで集めたのー!!
「レポート(3)2/6」フォルダの「人海戦術とそれに関する賛否」っていうフォルダ消しちゃダメー!!

アイコン アポ.JPGなるほど、コレか

アイコン ある.JPGアッー!!

アイコン アポ.JPGうわっ、どんだけ集めてんの!?
削除完了まで24分って・・・・どう考えてもおかしいでしょ!?

アイコン ある.JPGああ、MEだからじゃねーの?気をつけろよ、途中でフリーズするぞ

アイコン アポ.JPGあっ、ホントだ!?

アイコン ある.JPGククク、XPというぬるま湯に肩までつかり続けてきた貴様がMEを操作しようなど笑止千万!!
MEにエロ画像フォルダを隠している理由は、ただ見つかりにくいだけの理由ではないわ!!
一度削除しようとすればあっという間にフリーズし、Ctrl+Alt+Deleteか最終兵器「強制終了」しか手立ては無し、
再起動をしたらしたで、立ち上がるまでに30分!!
時間をかけてフォルダの中身を全てゴミ箱に捨ててもまだ終わらん!!
長年ため続けたゴミのせいで、ゴミ箱の中身を空にするのに2時間40分!!
さぁ!!この死ぬほど面倒くさい作業を前に、一体どうする!?
どうするどうする、君ならどうする!!

アイコン アポ.JPGくっ、XPを購入してなおMEを捨てぬ理由はこれか!!
「MEたんは俺の嫁」は伊達ではないというわけだな!?

アイコン ある.JPGフハハハハ、さよう!!させ子などただの売女よ!!
2000はちょっと可愛いが、MEの魅力には適わーん!!!!

アイコン アポ.JPGこうなれば、さっき漫画雑誌を先売りしているデポで読んだ
ジャンプ17号の感想を綴る他に手は無いッ!!
諸君、これより先はネタバレ満載!!毎週ジャンプを楽しみにしている人は月曜になってから読むことをオススメするッ!!!!


つーわけでジャンプ17号感想です。


・ワンピース
なんか巻頭カラー。
「ワンピースは物語自体は面白いのに、戦闘が死ぬほど長くて嫌になるな、
やっとウォータセヴン終わったのに、こんなどうでもいいイベントにまた何年もかけるのかな」
と思っていたところ、どうやらその通りになりそうな予感。
「七武海」の名前が出てきました。謎の多い男だそうです。
幽霊島は実は馬鹿デカイ船だとか、気持ち悪いDrは敵だとか、
やっと話が進展してきましたが、なーんかつまんなそう。
あとチョッパーの賞金が50$ってのはどうなんでしょうね。
ベリーは日本の円と同価値くらいの通貨っぽいですから、50円くらいですよね。
あんな化け物揃いの海賊船のペット捕まえてやっと50円って、ちょっと海軍酷すぎますよ。
絶対ワリに合わないと思います。


・ブリーチ
ほんとに登場人物の死なねぇ漫画だな。
日番谷隊長は頚動脈切られても生きてるし、雛森さんもなんか生きてるし。
アーロニーロさん(だっけ?)はちょっと油断しすぎだと思う。
刀なのにビーム飛ばしたりとか平気でしちゃう斬魄刀なんだからさ、
「折れててもなんかありそうだなぁ〜、ちょっと気をつけよう」
って思ってもいいじゃない。
いくら虚三万三千六百五十体分の戦闘力あるからって油断しすぎだよ。
ただでさえブリーチでは最初から本気出す人少ないんだから。
さて、見事アーロニーロさん(だっけ?)のドタマを貫いたルキアさん。
どうせ死なないのは当然ですが、流石の死神とてこれほどの重症を負ってはリタイアでしょう。
この後瀕死のルキアさんを織姫さんが助けたりするのかなぁ?
でも織姫さんは今、変態調教マニアに監視されてるしなぁ。
まぁ死にゃあしないからいいけど。


・ウサギ
ビックリ、案外前の方に載ってるウサギ。
でも内容は覚えてません。主人公の嫁可愛いよ主人公の嫁。


・バレーボール使い
1話で切ったはずですが、レビューのため無理やり読みました。
2話目を見逃しただけだし、大丈夫だよね?
と、思ったらなんか主人公に女できてたァ────!!!!
誰だよコイツ!!しかも冒頭の妄想とか、2話目を読んでない僕には意味がわからなさすぎます。
もっと2話目を読んでない人のことも考えてくれないと困りますよ!まったく!
んで話の内容。んー、確かに面白い。面白いんですけど、なんか足りないんですよねー。
コロコロコミックでやったならそりゃもう大人気でしょうが、ジャンプのギャグ漫画ならもうちょい捻って欲しいよなー。
せっかく「バレーボール使い」という素敵なネーミングを発明したんですから、
もっとバレーボールを変態的なことに使って欲しいです。
メゾン・ド・ペンギンならシュール、モテ王サーガならパロディ、ジャガーなら笛(もうほとんど出てこないけど)というように、
この作品の一番のチャームポイントであるバレーボールをもっと活躍させて欲しい。
実はバレーボールが主人公でしたとか。


・テニス
まさかの休載。テニスの載ってないジャンプなど
アカギの載ってない近代麻雀、バカボンドの載ってないモーニング、
ホムンクルスの載ってないスピリッツ、喧嘩商売の載ってないヤングマガジン、
バキと不安の種の載ってないチャンピョン、SBRの載ってないウルジャン、
パンツの映らないネギま!です。
くそ、核戦争でも起これってんだ。


・To LOVEる
今回は知欠先生が脚本もやったとのことでヒヤヒヤしましたが、
全然大丈夫なレベルで一安心しました。リト君は相変わらず良い奴だし、
後で「このシーン○○と酷似してる」とか発覚したら、それはそれで面白い。
さて、黒猫時代のヒロインであるイヴ(リンス?誰だっけ)をここぞとばかりに出す知欠先生。
うんうん、ララよりも控えめなオッパイ(春菜さんとイヴ)の方がいいよね。
コミックスが楽しみだなぁ、イヴの乳首見たいよハァハァ。
ここだけの話、僕はとらぶるを集めています。
普通に漫画として好きですし。誰か知欠先生に原作つけようと考えた奴にノーベル賞やれ。
あ、「漫画として」ってのは「エロマンガとして」ってことじゃないですよ?
そりゃ何度かオカズに使ってますが、純粋にラブコメとして好きなんです。
リト君良い奴だし、春菜ちゃんは可愛いし。しかし、第1巻を購入した僕は度肝を抜かれました。

「乳首トーン貼ってある!?」

おかげで僕は、若干前屈みでレジに並ぶハメに。
んで話はイヴの乳首に戻るんですが、これは凄い価値がありますよ。
確かにイヴの同人誌は既に出ています(主にクリムゾンとか)。
もち18禁の同人誌なので、乳首どころか性器まで描き込まれていることでしょう。
しかし、そんなものは知欠先生の書いたイヴの乳首とは比になりません。
いいですか、イヴは元々、週刊少年ジャンプに連載されていた、BLACK CATのヒロインです。
ジャンプの漫画である以上、若干のセクシーシーンはあれど、露骨なエロシーンは望めないわけですね。
バスタード?なんだっけそれ。
さて、ここにエロ同人誌があります。
そもエロ同人誌とは何のために作られたのでしょうか?
普通の人はそんなこと考えず夏コミないしは冬コミに繰り出すのですが、
それなら普通のエロマンガでいいはずですよね?同人誌である必要はまったくありません。あんな薄くて高い漫画。
にも拘らず、毎年夏と冬には数え切れないオタクが何万円も使って得ろ同人誌を買いあさって行きます。
何故でしょう?好きな漫画のキャラがエロいことしてるからです。まぁ当然ですね。
そう、エロ同人誌とは。「本編では決して見ることの出来ない、好きなキャラクターのエロいところ」を見るために買うものなのです。
少年時代FF7説明書のユフィで何度も抜いた人は、大人になってユフィのエロ同人を買います。
少年時代プルかプルツーか、知恵熱が出るほど悩んだ彼は、プルとプルツーの百合エロ同人を買うでしょう。

そう、エロ同人はただのエロ本じゃあなく、男の浪漫そのものなのです。

が、しかし。

とらぶる第3巻で露出するであろう、イヴの乳首。
「なぁんだ、エロ画像で見慣れたイヴの乳首かぁ」
なんてもんじゃあ、断じてありません。
だってそれは知欠先生が描いたイヴの乳首なんですから。
つまり「本物の乳首」。
対して、同人誌の乳首は偽乳首です。
この本物の乳首、少年のころ布団の中で悶々と考えたドラクエの女格闘家のオッパイ、
お高くとまった女アルケミストがヒドラの触手に陵辱されているシーンと全く同じ。
我々の具現化した夢です。
まだ少年だった僕らが夢にまで見たキャラクターの乳首。
それを先生自ら描いてくれるなど、これほど嬉しい事が他にあるでしょうか?
いや、ない!!皆さん今からでも遅くありません、とらぶるは集めるべきですよ。
あ、とらぶる本編のお話でしたね。良かったですよ、イヴのオッパイ。


・モテ王サーガ
まんざらでもない阿久津。最後に「考え直させてくれ」と言っていますが、矢射子ねーちゃんと付き合うっぽいです。
ドンマイ、あいす。まぁ矢射子ねーちゃんは黙ってれば美人だしね。僕の好みじゃないけど。
そしてなんだか素敵な陽子さん。言葉遣いが可愛らしくてツボです。
キツネ耳キツネ尻尾装備の巫女さんとしてレギュラーメンバーになるといいよ。
いよいよ大蔵がいなくても支障がなくなってきました。


・PS
あれー、もしかして打ち切りの危機回避?
主人公が晶たんの兄貴超える伏線張り始めたし。
まぁ卓球はいいから晶たん描けばいいよ。


・ラルグラド
作画が小畑先生じゃなけりゃ、とっくに切ってるラルグラド。
さっさと闇王女ブチ犯して終わればいいものを、なんか面倒くさい展開に。
あとカフカの後頭部はなんとかならんのか。
元々オッパイ8割バトル2割くらいの漫画ですが、ミヨ先生も乳離れとか言い出す始末。
毎回「ミヨ先生!!眼鏡もかけずに!?」みたいな名言載せてくれれば文句ないんですが、
今回は展開もなんか微妙。
あと一番気に入らないのは新キャラ。なんで乳大きいの?
時代は貧乳だろうが。気分悪い。

・ジャガー
今週は可もなく不可もなくって程度のクオリティーでしたが、笑えるところも所々に散りばめられてありました。
流石はうすた先生。
最終的には全てジャガーさんの想像なのですが、今回の面白さはピヨ彦の妄想の「リアルさ」にあると思います。
「睡眠は4時間で十分」という、あまり寝ない=カッコイイみたいな中二病臭さ、
朝っぱらからスカした喫茶店でコーヒー飲んだりと、誰もが一度くらいは妄想しそうな内容。
そして直後の「二度寝したあげく、起きるのは夕方」と、妄想の世界から現実の世界に一気に引き戻されます。
この後僕が毎日しているような可愛い女の子との出会いを妄想と、なんとも現実味を帯びた内容でした。
ここまでリアルに妄想させておきながら、本作一番の常識人であるピヨ彦に変態としか思えない妄想をさせ、
全てはジャガーさんの想像でしたーってオチは、爆発力こそありませんがジワジワくるものがあります。
あとアルゼンチンババア観たいなぁ。
ニックネーム ある at 21:59| Comment(179) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

週刊少年ジャンプ16号感想

更新のネタが無いので、ジャンプの感想でも書きますね。
ああ、ユンボル最高に面白かったのになぁ。


・テニスの王子様
今、ジャンプで最もCOOLな漫画、それがテニプリです。
今週も素晴らしい内容でした。
まず、リョーマと金太郎のバトル(あれ?試合だっけ?)。
全くわけのわからないところが素敵です。どっちが攻めてるんだろう?
そして今週の目玉、赤也vsクラウザー様。
なんと赤也が磔になっています。素晴らしいですね。
今回の赤vsDMCの素晴らしいことは、なんと言っても「どういう経緯でそうなったのかわからない」ことでしょう。
少し前タカさんが観客席までぶっ飛ばされていましたが、あれはまだ説明が付きます。
「真・波動球がタカさんの体に命中したことにより、タカさんが観客席まで吹っ飛んだんだな、すげぇや真・波動球」
と、読者にも簡単にわかる、実に易しい展開だったと言えましょう。
しかし、今回の赤vsDMCはワケわかりません。
磔とはまず大前提として、両手を開いていなければなりません。
つまり赤也は両手を開いた状態で後方に吹っ飛びフェンスにめり込んだはずなのですが、
その光景を思い浮かべるともうたまりません。
だってテニスっていうより、能力者バトルってほうがしっくり来るもん。
そして赤也、クラウザー様の1秒に16回ファックでブチ切れ。
つーか眼鏡、「ワカメ野朗」とまでは言ってないじゃんか。赤也のこと嫌いなのかよ。
すると途端に赤也が黒い核鉄の影響か、ヴィクター化してしまいます。
満身創痍だった赤也の怒涛の反撃!!キレた瞬間押しに押しまくります。
つまり赤也は相手が気に食わなければ気に食わないほど強くなるって事ですね。
だからって血の目潰しはどうかと思うよ。
とにかく、テニスはいよいよ凄い境地に来たと思います。
ダントツで今ジャンプで一番面白いです。テニス大好き!!


・バレー使い
一話で切ったからわかんないです。


・ウサギ
期待はしてるけど、やっぱり駄目なんだろうなぁ。
とりあえずヒロインは凄く良いと思うよ。


・リボーン
なんでジャンプ漫画はバトルになっちゃうのかなぁ。
初期は少し好きだったけど、今はもう読んでません。


・こち亀
「こち亀の昔話はつまらない」。案の定、今週は面白くありませんでした。


・ディグレ
空気すぎていつも流し読みしているせいか、今どうなってるのか全く分かりません。
主人公の手、変形してね?なんでヒロインの髪の毛エウレカみたいなことになってんの?
あとロードたん可愛い。


・NARUTO
風遁螺旋手裏剣使わせんなって、じゃああの技なんのために出てきたんだろう?
ハンターをパクってまでやってた糞つまんねー修行編、あれなんのため?
つーか螺旋丸でいいじゃんよ、十分だろ。当てりゃ勝ちなんだからよ。
サスケはサスケで、なんだかよく分かんない子になっちゃったなぁ。


・ブリーチ
オサレバトル漫画ブリーチ!!今回も最高にオサレでした。
三万三千六百五十って正確に数えてるあたりが、またオサレ。
で、アーロニーロさん(だっけ?)は「舐めるなよ」とか言いながらまた変身。
いやあんた、もう偽者ってバレてんだから変身しても意味無いって。お前が舐めんなよ。
が、なんかルキアさんはやりづらそうなご様子。ていうか効果覿面?(モアちゃん風に)
結局串刺しにされるルキアさん。本当に良く大怪我する子だな。
いやぁ、一護たちに
「明らかに効率悪いけど、私達のプライドのために戦力分散してくんなきゃヤダ」
とか言ってた手前パワーアップでもしてるのかと思えば、
やっぱり立派に噛ませ犬でした。カッコワリー。
あとアーロニーロさん(だっけ?)の変身能力は暗いところでしかできないらしいけど、
僕は暗いところで変身しても効果薄いと思うなぁ。
せっかく変身能力は甲賀忍法帳の如月左衛門お兄ちゃんが強いと証明してくれているのに。


・To LOVEる
あのジャンプで乳首トーンの許可を得たとらぶる。
あの知欠先生が作画担当ですからね、もちろん毎週読んでます。
やっぱ知欠先生には原作つけるべきだよ。ハードボイルドガンアクションなんて知欠先生には無理だよ。
というわけで、何気にとらぶるは面白いと思います。
まず不快感が無いんですよね。パンツ100%はあんなにムカつくのに。
何故か?主人公の差です。真中はハッキリしない盗撮癖の変態ブサですが、
リト君は真面目で気持ちの良い快男児。ちょっとくらい羨ましい目に合ったとしても、全然OKです。
んで、本編。コミックスでは乳首丸見えであろう春菜ちゃんのセクシーシーン。
こんなにラッキーな目にあっておきながら、決して春菜ちゃんの裸を見ようとしないリト君。
普通の高1ならバッチリ網膜に焼きつけて後々までズリネタにするところ。
やっぱりリト君は真面目な良い奴です。こういう春菜ちゃんへの真摯な想いが、彼の魅力の秘訣だと思います。
かといって、自分を好いてくれているララもずさんに扱わない優しさを持ち、さらにはザスティン様にたい焼きまで買ってあげる始末。
なんて良い奴なんだ。さっきからやたらとリト君を褒めていますが、別にホモというわけではありません。
ただ純粋に良い奴だな、こんな奴と友達になりたいなと思ってるだけです。
彼女にするなら当然春菜ちゃんかイヴ(ララは胸がやりすぎ)ですよ?
おっと、私の性癖の話ではありませんでしたね。
さて、春菜ちゃんの愛犬、マロン。職人級のバター犬でした。クレイジーです。
マロンはリト君に「お前もご主人様にエロイことしろよ」と強要。
リト君も腋、足の指の間、性器を舐めに舐めますが、結局それはリト君のイケナイ妄想。
結局リト君は
「ヒロインに振り回され散々エロイ目に合った挙句、最終的には理不尽に可愛そうな目に合う」
と言った、ラブコメ漫画の王道なことになってしまいました。
可愛そうな奴だ。
さて、来週はなんと原作も知欠先生が担当するご様子。
せっかく長谷見先生が築き上げたリト君のイメージをぶち壊してしまわないか、本当に心配です。


・もて王サーガ
男衆が洋物のAV見てるところが良かったです。
特に普段はツッコミの阿久津や、イケメン四天王の木嶋先輩が真剣にAVのレビューするとことか。
んで矢射子ねーちゃんはついに阿久津に告白。
阿久津×アイス派の私は上手く行って欲しい反面、失敗してほしい気も。
複雑だ。


・ムヒョ
何故ユンボルが打ち切られたのか?代わりに打ち切られるべき漫画があったんじゃないのか?
どう見てもコレです。本当にありがとうございました。
とりあえず魔法律家は人でなし揃いだから、全員死んだ方がいいよ。
協会もソウルソサエティの死神部隊並みに無能だし。


・ボボボーボ・ボーボボ
一話で切ったため、全然わかりません。


・ペンギン
シュールで好きです。打ち切り恐いなぁ。


・P2
やっと主人公が活躍。よくここまで引っ張ったな。
個人的には(帽子の女の子が可愛いので)好きなP2ですが、
やっぱジャンプでピンポン漫画は厳しいご様子。
今週も後ろの方に載ってます。あと10週前後かな。


・ジャガー
面白い回とそうでない回の差がハッキリとしているジャガーですが、
個人的には前者だったと思います。良かったですよ。
バンドのメンバーが皆カッコイイ名前なのに、一人だけ巨乳ってのがジワジワ来て好きですね。
ジャガーの面白いところは、なんと言ってもツッコミなんですよね。
ツッコミと言ってもツッコミそのものではなく、ツッコミ役。
普通ギャグ漫画のツッコミは常識的なパンピーなのですが、ジャガーのツッコミは大概ちょっとズレてるんですよね。
今回ツッコミで秀逸だったのがセリフ回し。
「聞こえんなぁ」がクリティカルヒットでした。ジャガー大好き。



まぁ金曜なのにジャンプのレビューやるとかちょっとアレですけど、
これから毎週やるのでよろしく!!

ニックネーム ある at 21:52| Comment(0) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いとしき歳月第2話「ホワイトヒート、心の向こうに」(3)

これはまだ白の大陸が平和だった頃の、
少女達のありふれたお話・・・・・・・・。





いとしき歳月






いとしき歳月5(3)1.JPG

いとしき歳月5(3)2.jpg

いとしき歳月5(3)3.jpg

















あ、そういや最近D-0やってねぇな。
最後にやったカードゲームがカード麻雀ってどうなのよ?
ニックネーム ある at 13:45| Comment(0) | TrackBack(3) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

バトン

アイコン ある.JPGこんにちは、みんなのセクハラマスターあるです。
ジャス子さん、楓さん、スリーサイズ教えてー。

アイコン アポ.JPGすいません、いつもはこんな子じゃないんです・・・・アポです。
嘘つきました、コイツはアンダーとトップの差でバストサイズ計れる変態です。

アイコン ある.JPGイエーイ、僕変態!俺以外の男全員滅べ!SATSUGAIせよSATSUGAIせよ!!

アイコン アポ.JPGなんか妙にテンション高いな・・・・どうしたよ。

アイコン ある.JPGよくぞ聞いてくれまんた!!俺様今日から春☆YASHUMI!!だからこんな時間(朝方4:15)まで起きてても全然ヘーキ!!
あとジャス子さんとこと相互リンクしてもらったの!!
僕はそういうこと自分から言い出せない、行為の時に枕を逆手で握ってくれるような大和撫子なので、
僕と繋がりたい(誤解を招く表現)人たちはドシドシ応募するといいよ!!
多少痛いブログとかでも全然ヘーキだから!!このブログより痛いなんてありえないし!!

アイコン アポ.JPGうわぁ、機嫌よすぎてウザイなコイツ。

アイコン ある.JPGまぁそんなこんなで、タイトルにある通りバトンなんぞ書いちゃうゾ☆
なんでかって?見た奴は絶対に書けって書いてあったからです。
書かなかったら後が恐いじゃん・・・・・・。

つーわけで「ゼロノート」のガロンさんから貰ったバトン。


プロフィールバトン】
□■見た人は全員やること!絶対だから!嘘つきはダメ!!■□
↑僕は別に強制はしないよ。

名前:ジョルジョーネ・ディ・モンテ・スタタコビッチV世

ニックネーム:JOJO

住所:貴方の家の電子レンジの中

電話:とぅるるるるる〜

血液型:実に馴染むぞッ!!

誕生日:8月6日、日本は核の火に包まれた──

星座:座・ワールド

趣味:どの意味の趣味だよ。とりあえず両方書く。
変態的な解釈:ロリ、ドジっ子、眼鏡、獣耳、体操服、スクール水着、メイド服、妹、舌足らず、制服、ジジイ喋り、って書ききれねーよ。
一般的な解釈:麻雀、インターネット、妄想、手淫、女性を口説く、セクハラ、読書。あ、あとD-0

性格:宇宙一良い

目標:ロリータ・ハーレムに住む

得意なスポーツ:手淫、性交など性的なスポーツ全般

苦手なスポーツ:性的でないスポーツ全般

空を飛べたら?:ロリっ子のお風呂をひとしきり覗いたら、宇宙に行って生物と鉱物の中間の物体になって考えるのをやめる

お金持ちになれたら?:幼女を買う

アイドルになれたら?:人気のボルテージがMAXに達したところでオタクであることを暴露する

五年前に戻れたら?:・・・・・・・・・。いいじゃないですか、そんな話は・・・・

色:サーモンピンク

食べ物:甘いものと異常なまでに辛いものと野菜と納豆以外はだいたい食える

自慢!:容姿

将来の夢:剣と魔法の世界に行って英雄になる

今一番したいこと:麻雀

好きな人は?:アポとその他の嫁

デートしたことは?:ある。先週した

告白した事ある?:ない

告白された事は?:ある。先々月された

隠し事してる?:み、皆とは関係の無い話だよ・・・・(嘘だッ!!)

お化けはいる?:いねぇ。信じてほしけりゃ目の前につれて来い。でも師匠シリーズは面白いよ

おしゃれ好き?:好きっていうか、義務感じゃね?

カラオケ好き?:大好き

さみしがりや?:別に。良くドライって言われる。せめてCOOLとかハンサムにしろよ

誰に回す?:え?見た人は皆やんなきゃいけないんじゃないの?
まぁあえて答えるなら

悲 し み の 連 鎖 は こ こ で 断 ち 切 る


アイコン アポ.JPGロクなこと書いてねーな・・・・。

アイコン ある.JPGちっげーだろ!!そこは「好きな人」の欄見て、頬染めて股開く場面だろ!!


ニックネーム ある at 04:44| Comment(2) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黙示録の日まで15

ジャッジメント様が、ホワイトヒート様の死体に取りすがり泣き叫ぶ。
なぁんだ、そういうことか。

ああ、ホワイトヒート様は、ジャッジメント様のものだったんだ。


──カッ!!

刹那、天空が眩い光に覆われた。

「ああ……」

そこには凄まじいイケメンが浮かんでいた。

「我が名は聖王Albidum!!皆、剣を収めよ!!」

そこから先は凄かった。
聖王はその名の通り神のような力を発揮して戦争を終結させ、
破壊されたものとか死んだ人も元通りに再生し、ホワイトヒート様も純天使として生き返った。
聖王あるのおかげで世界は平和を取り戻し、今私は結婚式場にいる。
「おめでとう」という祝いの言葉が式場を埋めつくし、あるとアポ先輩が誓いのキスを交わす。
ありがとう、ある。あなたのおかげで、世界は平和を取り戻しました!!

-----------------------------------------------------------------

「う……ん、夢か……」

なんだか素敵な夢を見た。よく覚えていないが、みんな笑って、楽しそうな……。

「なんだ寝てやがったのか」

体格のいい大柄な男が、股間を反り立たせて部屋に入ってくる。
俺は今日もこの男に犯されるのか……。
一体いつからこうしているのだろう。
妹を人質にとられ、俺は全裸でこの部屋に監禁され、毎日この男に犯されている。
食事は汚物のようなグチャグチャの肉片。

「妹を……妹を解放してやってくれ……」

男はニヤニヤと嫌な笑みを浮かべ、俺の前に今日の分の食事を置く。また肉か……。

「まずはそれを食え。そしたら何時ものように犯してやる。今日一日耐えたら、お前も妹も解放してやる」
「ほん、とうだな……?」

俺は飯を食い体力を温存すると、またこの変態にケツを掘られる。

「うっ……!!」

男がくぐもったうめき声をあげると、俺の直腸に白い欲望をぶちまける。気色悪い……。

「約束だ、妹を……」
「ああ、あいつなら今さっき無くなっちまったよ」
「え……?」

言ってる意味が、わからない。

「お前が食ったから無くなったんだろ?さっきも旨そうに食ってたろうが。あれで最後」
「う、うぇぇぇぇ……!!」

俺は吐いた。男は相変わらずニヤニヤと嫌な笑みを浮かべている。

「約束なんて守るわけねーだろ?さ、体も汚れてきたろう。風呂に入ろう」

俺はその日も、朝まで犯された。ああ、何もかも壊れてしまえ。
あと少しで神様が降りてきて、こいつみたいな奴のいない、安らかな世界を作って下さる。
だから今は耐えよう。

そう、黙示録の日まで────。

そして俺は考えることを止めた。

──FIN


あ☆と☆が☆き
こんにちは、あるです。
この作品は、私がこのオチを書きたいがために執筆していたものでした。
普通に楽しんで下さってた人たち、サーセンwwwwwwwwwwwwwwww
もしかしたらそのうち、ちゃんとした続き書くかもです。
まぁ、気が向いたらだけど。
ニックネーム ある at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黙示録の日まで14

大抵の物質がそうであるように、空気もまた、圧縮することで熱を発する。
私の手によって数立方cmにまで圧縮された超高温の酸素はプラズマ球を形成する。

「死ねぇぇぇぇ!!」

──キュゴウ!!

圧縮空気によって打ち出された無数のプラズマ球がジャッジメントを襲う。
ジャッジメントはそれを寸前で回避するが、その隙に私は追撃の用意を終える。
ぐにゃり。ジャッジメントを中心とした半径10mほどの空間が歪む。
膨大な量の酸素が、ジャッジメントの周囲に集まる。
私がパチンと指を鳴らすと火花が生じ、大量に圧縮した酸素は一気に燃焼する。

──ドウンッ!!

私は攻撃の手を休めない。
極低周派を圧縮空気で反響させることで指向性を持たせ、爆炎の中央にそれを放つ。
サウンドマスターを模倣した、音の槍である。

「ジャッジメント様!!」

ハッ、一体アレの何を心配すると言うのだ。
ジャッジメント・エンジェルは白の大陸を担うため作り出された、究極の天使だ。
他のシングルナンバー8人を押し退けその頂点に立った、シングルナンバー最強の天使だ。
この程度でくたばるものか。
案の定、爆炎の中から無数の光線が放たれる。

「聖骸布よ!!」

透き通った金色の布が宙を舞う。
聖骸布。
エネルギーと魔力に反応する特殊な金属の糸で以って編まれた、魔導科学の結晶である。
私によってエネルギーと魔力を込められた聖骸布は光を発し、ジャッジメントの放った光線を弾く。

「聖骸布……宝物庫に安置された聖遺物!?」

サウンドマスターが信じられない物を見たかのような表情で叫ぶ。それもそのはず、聖遺物なんてものは古代戦争で数々の文明を消し去った決戦兵器。
マザーの許可無くしてはシングルナンバー・エンジェルでもでもお目にかかれない代物だ。

「案外簡単だったよ、あのライオンの電脳にハッキングかけてパスワードを抜き取り、ついでにスリープモードにしてやっただけさ」

やがて炎の中から、ジャッジメントが歩いてくる。

──ゾクリ。

一片の迷いもない、冷たい表情。
ただ目の前の敵を滅ぼさんとする、容赦なき瞳。
渦巻く炎を纏うその壮絶なまでの美しさに、私は戦慄を覚える。

「流石に丈夫だな。え?」

ジャッジメントは私の言葉を無視し、無数の“釘”を展開する。
それら一つ一つは宙に浮き、不規則に動き回る。

「聖釘か……」

聖釘“エレナ”。単騎対多数戦闘を想定して作られた、聖遺物の一つである。
成程、さっきの光線はこれによるものか。
釘は目にもとまらぬ速さで飛び回り、私の死角から光線を放つ。
その全てが必殺の威力を持って、私に襲いかかる。

「聖骸布!!」

まさに防戦一方。聖骸布のお陰で辛うじて致命傷は避けているが、長くはもつまい。
天使としてのスペックが、ハナから段違いなのだ。
そう、こうなることは初めから分かっていた。
ゲームのボスキャラのように、都合よく弱点など設定されていない徹底された暴力。
私がジャッジメントを打倒できる可能性など、万に一つもありはしないのだ。
私は、ジャッジメントには勝てない。
そう、全ては計画通り。

──バチィッ!!

聖骸布が弾け、私の手から離れる。どうやら、私には聖骸布を制御仕切れないらしい。
だが“起動させることはできる”。それは聖骸布で確かめさせてもらった。
ならば使いこなせなくとも、使うことはできるはず。私は宙に手を伸ばす。

──ギュラ…ギュラ…。

空間が捻れ、私の手には一本の槍が握られていた。

「“ロンギヌス”……無駄です、あなたにそれは御しきれない」
「ほざけ」

聖遺物“ロンギヌス”。
伝説に残る“神殺しの槍”を模して作られ、聖王を封印するため使用された究極の対神兵器。
天使にとって、これほど驚異となる兵器は存在しない。
私はロンギヌスを握る手に力を込め、ジャッジメントに突進する。
エレナによる光線がそれを阻もうとするが、
ロンギヌスから発せられる禍々しいオーラが、それを全てそらしてしまう。

──ギュオッ!!

目にもとまらぬ刺突。吸血鬼の圧倒的身体能力で以って放たれたそれは、ジャッジメントの心臓へ押し迫る。

ピタリ。

「な──」

信じられないことが起きた。
矛先が僅かにジャッジメントの胸に触れた状態で止まっている。
どんなに力を込めても、矛先は少しも前に進まない。いや、体が動かないのだ。

「まさか……“割り込んだのか”!!
矛先が触れた瞬間、槍にアクセスして強制終了させ……挙句、私にハッキングまでしたっていうのか!?」

ジャッジメントは答えない。エレナが私の周囲を取り囲む。
やっぱり強いな。ロンギヌスを回避しなかった時はどうしようと思ったが、信じて槍で突いて良かった。
計画は完了。あとは私が私になるだけ。

「どうした、ジャッジメント。さっさと止めを刺せ。さっきの顔はどうした、迷うな。感傷にかられたか?」
「あなたは……あなたは馬鹿です……!!私が気付かないとでも思ってるんですか!!」

ジャッジメントが声を荒げる。ああ、やっぱこの人には隠し事できないなぁ。

「ジャッジメント様、何言って……」
「裏切りなど嘘です!!あなたは現在、裏から黒の大陸を支配していると聞きました……どうせ私に自分を殺させて、手柄の一つでも立てさせようとしているんでしょう!!司令塔を失えば、攻め落とすのは容易でしょうからね」
「な……」

なんで昔っから、この人にだけは嘘がバレんのかなぁ。

「なんだ、お見通しか……」
「あなたの下手な芝居など……通用しません……!!」
「じゃあ話は簡単だ。あとはジャジ姉が私を殺すだけ。黒の大陸を落とせば、赤の戦力も半減だ。白の勝利だよ」
「な……なに言ってるんですか、ホワイトヒート様……別に死ぬことはないでしょう?
一緒に帰りましょう!白の大陸に勝利をもたらした英雄として歓迎されますよ!」
「それはないね。知ってるだろう?私が呪われた天使と呼ばれていること。
そいつが吸血鬼になって帰ってきてごらん?誰も受け入れない。
異端裁判にかけられて死刑だ。国家反逆罪の売国奴としてね」

呪われた天使。生まれたときから、そう蔑まれてきた。

「何故こんなことを……こんなことして、私が喜ぶとでも!?余計なお世話です……!!」
「それは違うよ」

ああ、やっぱこいつら勘違いしてたか。

「これは私のためにやったことだよ。ジャジ姉のためじゃあない。
なぁ、ジャジ姉。私はいつだってジャジ姉のために何かをしてきた。
ジャジ姉が今の地位にいるのも、私のおかげだしね。あ、これ私の自慢なんだ」
「何を……」
「ジャジ姉は私の居場所だったんだ。ジャジ姉がいなきゃ、一歩も前に進めなかった。
だから……だからこそ私が、吸血鬼なんかに……無能な天使達に殺されるなんて耐えられなかった」

みんな──

「死ぬならジャジ姉の手でだ。ゴメンな、嫌な役押し付けて。
私はジャッジメント・エンジェルに生き、ジャッジメント・エンジェルに死にたいんだ。頼むよ、ジャジ姉」

──楽しかったよなぁ。

「その為だけに、私は吸血鬼にまでなってここにいるんだ。
…………ジャジ姉の手で、愚かな私を連れ戻してよ」
「わかり、ました……。」
「ジャッジメント様……」

エレナが私のこめかみにつきつけられる。

「大好きですよ、ホワイトヒート」
「ありがとう、私もだよ」

──さようなら、いとしき歳月よ
ニックネーム ある at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黙示録の日まで13

「そんな……ホワイトヒート様が!?」
「ええ、彼女は生きています。ホワイトヒートは現在、吸血鬼にさせられ、敵の手の内です。
ホワイトヒートを救出すべく、これよりマスプロデュース部隊を率いて黒の大陸に打って出ます。
一緒に来なさい、サウンドマスター」

白一色の病室。
サウンドマスターはベッドの上で上体を起こし、ジャッジメントの話を聞いていた。
内容は俄には信じがたく、サウンドマスターは相槌を打つのが精一杯だ。

「あなたは黙示録部隊唯一の生き残り……そして黙示録部隊に参加していたのは何のためですか?ホワイトヒートの仇を討つためでしょう。もう一度、ホワイトヒートのためにヴェンデルカノンを駆りなさい」

実際奇跡的にも軽傷を負うのみで済んだサウンドマスターの体調は既に万全である。
その気になれば、今すぐにでも戦場に舞い戻れるだろう。
ジャッジメントの要求に対する返答は、もちろんイエスである。
しかし、一つ気掛かりがあった。
サウンドマスターは、どうしてもジャッジメントに質問せざるを得なかった。

「ジャッジメント様……ホワイトヒート様は、敵に無理矢理捕われているんですよね……?」
「?そうですが」
「あの……!!その、ジャッジメント様は……
1%でもホワイトヒート様は捕われているんじゃなくて……白の大陸を裏切ったんじゃないかって気持ちはありませんか?」
「……」
「正直言って、私にはあります……
だってホワイトヒート様を吸血鬼にしてまで生かしておくメリットってなんです?
情報を引き出したら、もう用済みのはずです」
「サウンドマスター……」
「い、いえ、もちろん断言してるわけじゃありません!!
そう、ほんの
3%くらい……“もしそうだったらどうしよう”って……怖いんです、私……」
「わかっています。それが普通の考えでしょう。
3%と言わず、50%そう思っても、なんら不思議ではありません」
「じゃあ……ジャッジメント様は……」
「ありません。0.1%も。あの娘のことは私が誰よりも知ってます。
あの娘は裏切ったりは絶対にしません。安心なさい、サウンドマスター」

-----------------------------------------------------------------

「会いたかったよ、ジャジ姉」

見渡す限りの屍。
それらは皆同じ顔をしている。マスプロデュース・エンジェルと呼ばれる、量産型遠距離支援用天使である。

「ホワイトヒート……奴らに何を……」
「何を?」

ジャッジメントの問いに、ホワイトヒーがゆっくりと答える。

「別に、なにも。私は自分の意思で裏切り、ジャジ姉の率いる部隊を全滅させた。それだけさ」
「ホワイトヒート……」
「うざったかったんだよ、アンタ。
シングルナンバー・エンジェルだからっていい気になりやがって。
そんだけ偉けりゃ、他人に優しくも出来るわな?人を上から哀れんだ目で見やがって……何様だテメェ」
「もうやめて!!」

サウンドマスターが叫んだ。
サウンドマスターだったは無数の円盤をホワイトヒートに向け、エネルギーを込める。
ホワイトヒートは愉快そうに笑うと、サウンドマスターに掌を向ける。
すると、途端に周囲が静まりかえる。

「な……どうして……音が出ない……!?」
「バーカ。お前の出す極低周の音に、同程度の極高周の音をぶつけたんだよ。
(+1)+(-1)=0だ。簡単な算数のお勉強だろうが。お前はそこで大人しくしてろや」

ホワイトヒートはそう言うと、呆然とするジャッジメントに向き直る。

「どうよ?今までは机上の空論でしかなかったことが、吸血鬼の力さえあれば可能なんだぜ!?
天使の莫大なエネルギーと吸血鬼の圧倒的魔力、そして私の頭脳!!
私はもう何でも出来る、最高の気分さ!!」
「あなたは……それほどまでして力が欲しかったのですか……!!」
「ああ、そうさ」
ホワイトヒートはジャッジメントの問いに即答すると、ジャッジメントを睨みつける。
「アンタには分からないだろうよ。
生まれたときから強者であることを約束されたアンタには、私の気持ちなんて分かるはずがねぇ。
どんな気持ちだと思う!?製造ナンバー666、獣の数字を冠した呪われた天使に!!
どういうわけかシングルナンバー・エンジェル様があれこれいらねぇ世話を焼いてくれるこの気持ち!!
最っ……高に惨めだったぜ。なんだってんだ!?私とアンタの何が違うってんだ!!
実力なら他のカス共に負けたりしねぇんだ!!
敷かれたレールの上を歩いてるだけの無能共なんかにゃあ絶対負けねぇ!!アンタにだって!!」
「…………」
「だから裏切ってやった!!見返してやるんだ、私を忌み子と、呪われた天使と呼んだカス共を!!
黒の大陸を牛耳り、白の大陸をぶっ潰してなあ!!」

額に脂汗が滲むほど絶叫したホワイトヒートは呼吸を整えると、静かに、しかしハッキリと宣言した。

「そのためにはジャッジメント、アンタが邪魔だ。やろうぜ。
私は過去と決別し、アンタに宣戦を布告する。アンタを殺して、私は本当の私になるんだ」
「ホワイトヒート…………」

ジャッジメントは一瞬寂しそうな顔をすると、ホワイトヒートを鋭く睨みつける。

「いいでしょう。もはや情けは無用、一切の手加減はしません。
裁きの天使の名のもとに、ホワイトヒート、あなたを断罪します」
ニックネーム ある at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

死にたい

皆さんは国士無双13面待ちを流された事がおありだろうか?

ほんと死にたくなりますよ。糞、マザーファッカーどもめ。
ニックネーム ある at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

いとしき歳月第2話「ホワイトヒート、心の向こうに」(1)

お前らツンデレもほどほどにしておけよな。
たまにはコメントくれよ。
きっとそういうのが更新意欲に繋がるんだぜ。


え?惰性で読んでるだけ?あ、そうっスか・・・・・・。
あ、漫画1ページ描いたんで、よろしければどうぞ・・・・・・。




これはまだ白の大陸が平和だった頃の、
少女達のありふれたお話・・・・・・・・。





いとしき歳月






第二話「ホワイトヒート、心の向こうに」
いとしき歳月5(1).JPG

ニックネーム ある at 21:39| Comment(4) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役満デー

国士とチューレンに振り込んだ。

ヤオチュー5枚切って国士とか何事だよ。燻し銀だな。

何はともあれ、俺様からチューレン和了ったクズ死亡決定\(^o^)/

ざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



ニックネーム ある at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

JOJOTCG

なんと、あの「ジョジョの奇妙な冒険」がカードゲームになるらしい。
これは一大事だ。ジョジョと言えば、ジャンプ史上最高の漫画だからだ。
スラムダンク?幽々白書?んなもんは知らねぇーよぉー。ユンボルはいい線行ってたと思うよ。
そんなこんなで、JOJOTCGを妄想してみる。


1部


懐中時計:ライフを支払い、相手ユニットのコントロールを1ターン奪う。

逆に考えるんだ:自分のユニットと相手のユニットを1枚ずつ選択し、交換する。

波紋:種族「吸血鬼」を破壊する。

石仮面:ユニットに装備、種族「吸血鬼」を与える。

スピードワゴン:おせっかい焼き。COOLに去る。

君が泣くまで殴るのをやめない:複数回攻撃を行える。

丸太のようなこの脚:ジョナサン・ジョースターのパワーをUP。

このストレイツォ、容赦せん!:ストレイツォのパワーをUP。

そこにシビれる!あこがれるゥ!:ディオのパワーをUP。

おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?:相手ユニットを選択。そのユニットは攻撃しなければならない。

URYYYYYYYY!!:ディオのパワーをUP。


2部


吸血鬼ストレイツォ:ストレイツォに石仮面を装備して召喚。

今、時代はストレイツォだ!:吸血鬼ストレイツォのパワーをUP。

あーん!スト様が死んだ!:吸血鬼ストレイツォが破壊されたときに発動。石仮面を手札に戻す。






飽きた





ニックネーム ある at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする